楽天カードの限度額。ショッピング枠とキャッシング枠とは

考える女性

 

ほとんどのカードには利用限度額があります。ショッピングに使うことのできる金額とキャッシングに使うことのできる金額は別々に定められていることが多いです。

 

楽天カードの場合にもやはり、限度額は別々に定められています。楽天カードを使うときにどちらがどれだけの金額があるのかを把握しておくことは必要です。

 

たとえば、仮にあなたの楽天カードのショッピング枠が50万円(うちキャッシング枠20万円)となっていた場合、もしもキャッシングを使わないのであれば、ショッピングに50万円を使うことができます。ショッピングにたとえば40万円を使っている場合、その際にはキャッシングは10万円までしか使うことができません。限度額といってもショッピング枠とキャッシング枠は別々に定められているのが普通です。

 

どちらもお金を借りていることを考えれば、どちらも同じように思うかも知れませんが、キャッシングについては貸金業法という法律の適用があり、ショッピングについては割賦販売法という法律の適用があるために、別々に決めなければならないのです。

 

また、楽天カードに限らず、限度額は審査で決まりますから、最初は合計で50万円くらいが上限になっていることが多いです。利用していけば増額できるケースが多いです。

楽天カード限度額をオーバーしたときの対処法

困っている女性

 

楽天カードの限度額は、カードで利用できるすべてのサービスの合計額となります。勘違いしている方もいますが、1か月分の利用可能額ではありません。たとえばクレジットの限度額が10万円で、すでに8万円の買物をしているなら、あと2万円まではカードを使えます。しかし2万100円のものを買おうとすると限度額オーバーになります。

 

楽天カードが限度額オーバーしたときは、カードが使えなくなるだけで、ブラックリストに載るなどのペナルティはありません。次の引き落とし日になって、滞納などがなく正常に決済が行なわれれば、再び利用できるようになります。楽天カードの場合は、毎月27日に引き落とされます(休日の場合は翌営業日になります)。ただし27日になれば、すぐに利用できるとは限りません。銀行から楽天カードへ連絡が行くまで、タイムラグを生じる場合があります。

 

どうしてもカードを早く使いたいときは、引き落とし日の前に繰り上げ返済することもできます。このときは振り込み手数料が必要になります。そのほか楽天カード以外のクレジットカードを作るという方法もあります。しかし返済できなくなると本末転倒ですから、計画的に利用するよう心がけてください。

楽天カードのポイントと海外旅行保険について

現金を持ち歩くことなく、その場で決済や買い物ができるクレジットカードは現代人の必須アイテムであると言っても過言ではなく、実際に多くの社会人が複数枚のクレジットカードを保有しています。特に近年ではインターネットショッピングは広く一般に普及したこともあり、直ちに決済ができるクレジットカードの存在は便利にインターネットショッピングを行なう上で欠かせないものとなりつつあるのです。

 

クレジットカードは多くの業界や業種で展開されていますが、その中でも特に高い人気と普及率を誇るのが楽天カードとなります。
楽天カードは大手インターネットショッピングサイトを運営している楽天が発行しているクレジットカードであり、充実したポイントプログラムと海外旅行保険制度によって好評を得ているのです。

 

楽天カードは通常の買い物や公共料金の支払などで100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まりますし、楽天市場での買い物ではポイントが通常の2倍付与されます。貯まったポイントは楽天市場や楽天オークションで使用できるので楽天ユーザーには嬉しいサービスとなっているのです。また海外旅行保険についても最大で2000万円もの海外旅行傷害保険に加えて、疾病治療費や賠償責任、携行品損害も補償してくれる心強いサービスとなっているのです。

限度額の低いクレジットカード

女性その2

 

クレジットカードの限度額というのは、カード会社が行う審査によって決められるので利用者である私たちは自由に決める事が出来ません。ある程度の希望額を伝えることは可能ですが、確実にその希望額を満たす条件のカードを発行して貰えるかは会社の判断です。そう言った形で決められた利用限度額を上げるには、契約後に会社に申請したり利用実績を増やして会社との信頼性を向上させる形になるのですが、後から申請しても限度額が上げられるかは本人の状況によります。

 

但し逆に下げるのは割とすんなりと通る事が多いようで、一般的に下限10万円の限度額を設定するクレジットカードが多いようですが、契約後に相談すると5万円やそれ以下の値段に設定する事が可能な場合があります。またクレジットカードの限度額というのは使用実績によって増えるカードが多いのですが、あらかじめ相談しておけばそれも停止させることが可能です。

 

またリボ払いやキャッシングと言ったクレジット以外に付加されているサービスの場合は0円、つまり利用しないという選択を最初から出来るのが一般的です。
ただしこういった低い限度額のクレジットカードというのは利用額も自ずと低いという事であり、カード会社の利益も少なくなるという面もあるので確実に下げられるというわけでもなく、場合によっては断られる場合があります。

楽天カードについてもっと詳しく知るなら・・・

楽天カードについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらの関連サイトもご確認ください。