無職でもクレジットカードを持ちたい

無収入の一人暮らし

 

クレジットカードの審査基準を見ると、「正社員であること」、「勤務年数が○年以上」、「年収がある程度高い」……などが、審査に通りやすい、つまりカードを作成しやすい条件になっています。ということは、無職の方はクレジットカードを持てない、ということになるのでしょうか。

 

いえいえ、もちろんすべてのカード会社ではありませんが、無職でも申し込みができるケースもあるのです。カードの作成が可能なケースは、以下のとおり。

 

専業主婦・主夫 配偶者が正社員として働いていればOK
無職 18才以上で実家で親と同居していればOK
親の仕送りで暮らしている無職 住民票の住所が実家のままになっていればOK。逆に、親元を離れて住民票も移していると、カードは作成できまないというのが一般的

 

配偶者や親というのは、法的に後見人になることができる家族です。つまり結びつきが強いのですね。そうした立場の家族が、企業や自治体から安定した収入を得ており、カード利用者との関係をきちんと維持しているならば、無職でもカードが作れる、ということになります。

 

本当は、料金の未払いなどは本人にしか請求できないのですが、道義的に、といえばいいんでしょうか、配偶者や親は肩代わりしてくれる確立が高いので、カードを発行する、ということらしいです。

 

親元を離れても住民票を移していなければOK、というのはちょっと意外に思われますが、住民票については、たとえば短期の転勤など、一時的な移転であれば移動しなくてもよい、という規定があるのです。つまり、住民票を移していないということは生活の基盤は実家に残っているのだから、親は払ってくれるはず、とみなすのだと思います。

 

比較的、三井住友VISAカードなどは、発行してもらいやすいカードです。その他、カード発行申し込みフォームの中に、世帯主の申告年収を書く欄があると、ハードルが低い傾向があります。

 

ただ、あちこちにいっぺんに申し込むと、要注意客としてチェックされてしまい、審査が厳しくなりますから、申し込み前に無職でもOKかどうか、直接尋ねるのが確実だし、安心です。

 

 

楽天カードについてはこちらの記事。